屋形船で酔わないための予防法と対処法

屋形船は、船に乗りキレイな景色を眺めながら、食事を楽しむ事が出来る魅力的なプランが用意されています。しかしながらその魅力的なプランを台無しにしてしまうのは、船酔いです。

実は子供の頃などに船に乗った経験がなければ、自分が船酔いするタイプだと自覚症状がないまま大人になってしまいます。

そして屋形船に乗る事を楽しみにして、当日を迎えたのに、船に乗り船酔いをしてしまったら、景色を楽しむ余裕も、まして食事をする気力もないまま、早く船から降りたいと時間が過ぎるのを待つだけになってしまいます。

船酔いしてしまうと、全く屋形船を楽しむ事が出来ません。
そのため屋形船を利用する前に、まず自分が乗り物酔いしやすい体質なのかどうか。
そして乗り物酔いしやすい体質だった場合は、利用しないという選択肢もあるでしょう。

また忘年会や結婚式の二次会など、自分の都合では会場の変更が出来ない場合もあります。
その場合は、乗り物酔いの予防法と対策をしっかりした上で、屋形船に乗りこみましょう。

まず乗り物酔いしやすい人の特徴は、小学生の高学年から中学生で最も起こりやすいと言われています。そして大人になると、乗り物酔いをしにくくなる傾向がありますが、個人差があります。
乗り物に乗り慣れていない人の方が、脳がスピードや揺れに慣れていないため、乗り物酔いしやすい傾向があります。

では次に予防法について紹介します。
まず基本は体調を万全に整えておく事です。
前日の夜にしっかり睡眠を取り、消化にいい食事を取っておきましょう。

乗り物酔いをして嘔吐したら嫌だからと、朝食を抜き、胃の中が空っぽの状態で乗る人もいます。
ですがそれは間違いで、空腹状態は酔いやすくなるので、NG行為です。
そして酔い止めの薬を、船に乗る30分前のタイミングで服用しておきましょう。

あと船に乗った後も、なるべく揺れの少ない中央部に場所に座り、進行方向と身体を同じ向きにして下さい。

予防をしていても、乗り物酔いをしてしまった場合は、症状が軽減するための対処法を紹介します。
まず屋形船の場合は、デッキに出て、新鮮な外の空気に当たりましょう。
またデッキに出た時に、波の動きを見ていると気持ち悪くなってしまうので、なるべく遠くを眺めて下さい。

あとベルトなどで身体を締め付けていませんか?
締め付けを緩めて、楽な体勢をとりましょう。
気休めと思われるかもしれませんが、乗り物酔いに効果的なツボがいくつかあります。

なので、乗り物酔いしやすい人は、ツボの位置を覚えておく事をお勧めします。
あとは、嘔吐しそうになったら、我慢するよりも、トイレで吐いてしまった方が楽になります。

屋形船のメリットとデメリット

屋形船とは、私達の生活に置いて身近なモノではありません。
今までの人生で、1度も屋形船に乗った経験がないという人も多いでしょう。
では屋形船を利用する事で、得られるメリットとデメリットについて紹介します。

まずメリットは、「新鮮さ」です。
新鮮なデートや新鮮な忘年会、新鮮な合コンを行う事が出来るでしょう。
いつもと同じでは、マンネリ化してしまい、つまらないと思っている人に、屋形船を利用する事で新鮮さを得る事が出来ます。

また屋形船に乗る事は、「日本の伝統に触れる事」でもあります。
江戸時代の人達が、風情を求めて楽しんでいた行為を、現代の私たちも同じように体験する事が出来ます。
もちろん、全てが同じという訳ではありませんが、日本の伝統に触れて、日本という国を前よりも好きになれたらいいですよね。

外国人観光客にとっても、日本の伝統に触れる事が出来るのは、興味深い事です。
異文化を知る事が出来ますし、日本人への理解が深まり、コミュニケーションが円滑になるかもしれません。

後は単純に食事をしながら、お花見や花火、夜景などの美しい景色を楽しむ事が出来る事も屋形船の魅力だと言えるでしょう。
美味しいものを食べて、美しい景色を堪能できるなんて観光の醍醐味です。

後は新鮮さと類似しているかもしれませんが、インパクトや話題性があります。
インスタで屋形船を体験した画像をアップしたり、友達との会話の中でも、「この間、屋形船に乗って~」と話しのネタになったりします。

そして東京の屋形船に関して言えば、かなり利便性も高いサービスを提供している事もメリットだと言えます。
東京湾で利用出来る桟橋の数も多く、駅からのアクセスがいい桟橋も少なくありません。
アクセスが悪いところは、ちゃんと無料の送迎バスでカバーしています。

プラン内容も充実していて、屋形船=高貴な遊びで料金が高いと思われがちですが、高いところもあれば、リーズナブルな価格で利用できるところもあります。そのため気軽に非日常を楽しめるエンタメ要素の高い遊びだと言えます。

そんなメリットが多い屋形船ですが、デメリットについても把握しておきましょう。

屋形船のデメリットは、人気の高さです。
閑散期であれば、比較的予約は直前でも用意ですが、最も人気が高い隅田川花火大会に関しては、半年前から予約する必要があります。

また船酔いしやすい体質の人や体調不良の場合は、屋形船に乗ると気分が悪くなる可能性があります。意外と今までに船に乗った経験がなく、車酔いしないから船酔いも大丈夫だと思っているかもしれません。ですが屋形船に乗ってから、自分が船酔いしやすい体質だという事を自覚したらもう食事どころではありません。

周遊しているコースを途中で降りる事も出来ずに、ひたすら2時間近く我慢を強いられる可能性があります。

屋形船のユニークなサービス

屋形船では、料理も飲み物も用意されています。
ですが誕生日パーティなどで、屋形船を貸切した場合に、ケーキやこだわりのお酒を持ち込みたい。
そんなふうに考える人がいるかもしれません。

生まれた年のワインを、誕生日パーティでお祝いしてくれるみんなと飲むなんて素敵ですよね。
では実際に屋形船で、持ち込みする事は可能なのでしょうか?
基本的に持ち込みを歓迎している船宿さんは、少なくありません。

ですがケーキなどをオプションで用意しているところや、持ち込み自体が禁止されているところもあるので、勝手に持ち込む事はNG行為です。必ず事前に持ち込み可能かどうか確認し、了解を得ておくようにして下さい。

屋形船の設備について気になる人もいるでしょう。
屋形船自体は、平安時代に発祥した歴史の古いものですが、伝統的な部分も守りながら、屋形船で快適に過ごせるように最新の設備が整っています。

2時間~2時間30分のコースが多く、飲食するため、必ず水洗トイレが設置されています。
屋形船の規模にもよりますが、2~4室程度設置されています。

ただし注意点としては、男女で別に用意されているか、男女共通かは屋形船によって異なります。
人によっては男女別がいいという人もいると思うので、気になる場合は問い合わせてみて下さい。
空調に関しては、ちゃんと冷暖房が完備されているので、夏でも冬でも快適な室温をキープしています。
ただしデッキに関しては、屋根の上に設けられているので、空調完備されていません。
なので、船が進む事で潮風が発生し、納涼効果がありますが、冬のデッキはかなり寒いという事を覚悟しておいて下さい。

屋形船によって提供しているサービスは、異なりますが、ユニークなサービスを用意しているところもあります。

例えば、大名プランでは、大名になった気分で、屋形船を貸切って豪遊するプランです。
最小2名から貸切る事が可能です。
2名で貸切すると、かなり料金の負担額は大きくなってしまいますが、例えばキレイな夜景を見ながらプロポーズなんて一世一代の時には、大名プランを利用するのもいいですよね。

他にもハゼ釣りプランがある事は、知っている人も少なくないかもしれません。
屋形船で釣れるポイントに行き、釣りを楽しめるプランです。
釣った魚を屋形船で天ぷらなどに、調理してすぐに食べる事が出来るのも魅力的なプランです。

また釣りのプランがあれば、潮干狩りのプランもあります。
釣りは船の上から出来ますが、潮干狩りはどうやって?
そう不思議に思うかもしれませんが、ポイントまで行き、そこで船から降りて潮干狩りを行います。

ハゼ釣りも潮干狩りも期間限定のサービスなので、注意して下さい。

また釣りよりもさらに漁師気分を味わえるのが、屋形船の上で投網が出来るプランもあります。
投網とは、言葉通り魚がいると思われるポイントに、網を投げて魚を獲る方法です。

お台場を介して東京湾を周遊するコースの例 http://www.funatabi.jp/course/odaiba/

屋形船の要約

これから屋形船を利用したいと思っている人に、屋形船のサイトを複数チェックした上での要約について紹介します。

まず出航時間は、基本的にランチタイムとディナータイムに分かれています。
ですが貸切の場合は、ある程度時間に融通がきくケースもあるので、船宿さんに確認して下さい。

ディナータイムに関しては、19時前後の出航のコースが多く、そこから2時~2時間30分周遊する事を考慮すると、到着時間は21~21時30分頃となります。

屋形船はどこからでも出航出来る訳ではありません。
船の乗り降りには、桟橋が必要です。
東京湾には、桟橋の数が多く、浅草・品川・浜松町・浅草橋・晴海・越中島・お台場・門前仲町・木場・葛西橋・小岩から乗る事が可能です。

利用したい最寄り駅の近くに桟橋がないという場合は、送迎バスの有無を確認して下さい。

ちなみに屋形船に初めて乗る人や船酔いしやすい人は、屋形船の乗り心地が気になりますよね。
船がどれぐらい揺れるのかと言えば、ケースバイケースです。
天候や海、河川の状態によって変わりますし、また屋形船の規模によっても変わります。

小型船の方がより揺れが大きくなり、大型船の方があまり揺れずに安定しています。
小型船の目安は15~25人程度、大型船は100人程度利用する事が可能です。

ですがそれでも陸と比べると、足元は不安で揺れる事は事実です。
なので、不安がある人は、念のため酔い止めの薬を飲んでおいた方が安心です。

あと屋形船にも、繁忙期と閑散期があります。
繁忙期であるお花見シーズンと花火大会は、毎年非常に人気があります。
そのため早い段階から下調べをして、予約する事をお勧めします。

また価格に関しても、繁忙期には特別価格が設定されるので、通常時の2~3倍の価格になるという事を知っておきましょう。

料金相場は、通常時でランチタイムは6500~、ディナーは10000円と予算を組んでおいて下さい。
イベント以外の繁忙期は、6~9月です。
この時期は気候が良くて、潮風の気持ちがいい季節だからです。
ですが同時に6月は梅雨のシーズ、9月は台風のシーズンとなるため、天候が悪い場合の対処法も確認しておく事をお勧めします。

閑散期は、1~3月です。
一応屋形船でも暖房はありますし、掘りごたつや鍋で暖かくなれる工夫はしてあります。
ですが屋形船に乗ればデッキで潮風を感じながら、景色を眺めたいという人も多いでしょう。

1~3月は、忘年会、新年会などで利用されるケースもありますが、潮風の寒さには勝てずに閑散期となっています。
繁忙期が割高になるように、逆に閑散期には料金が割安になるので、寒さに強い人でお得に屋形船を利用してみたい人にはお勧めです。

屋形船で盛り上がる催し物

忘年会や新年会の会場として、屋形船を貸切るという選択肢があります。
料理やお酒の種類は豊富ですし、何よりも騒いでも周囲に迷惑をかける事がありません。
まさに屋形船は、宴会にピッタリだと言えるでしょう。

そして宴会といえば、会場選び以上に幹事の悩ませるのがゲームや余興などの催し物です。
では盛り上がる事間違いなしな、屋形船でお勧めの催し物を紹介します。

まず催し物と言えば、定番はビンゴ大会です。
ですがビンゴ大会は、結婚式の二次会の会場などでは、設備が整っていますが居酒屋では整っていない事も少なくありません。

では屋形船はどうかというと、屋形船にはカラオケの設備が整っています。
そしてカラオケの設備には、ビンゴ機能もついているケースが大半です。
なので、事前確認は必要ですが、高確率でビンゴ大会を楽しむ事が出来るでしょう。

またカラオケをただ普通に歌うだけでは、催し物ではなく、宴会の二次会のカラオケという流れになってしまいます。
ここでカラオケを催し物にするためのアイテムを紹介します。
それはカラオケ採点機能を使用し、対戦させる事です。
トーナメント戦で誰が1番、歌が上手いのか決めて、優勝者には賞品を用意しておけば盛り上がるはずです。

また屋形船ならではの催し物としては、観光名所クイズを出してみてはいかがでしょうか?
屋形船では、東京湾を中心に周遊します。
東京スカイツリーやお台場の大観覧車など、観光名所の見所が満載です。

「日本で1番高い東京スカイツリーの高さは何メートル?」
「屋形船の始まりはいつ?」

なんて観光名所や屋形船に関するクイズを出題し、せっかくの機会なので雑学を学んでもらいましょう。

ではそんな催し物を盛り上げるためのグッズを紹介します。
まず盛り上げると、なかなかマイクを使っても、幹事の声が届かなくなってしまう事があります。
そのため指示をする際に、スケッチブックで文字を書く方法は有効的です。

また忘年会や新年会では、普段飲み会に参加しない人も参加する機会があります。
あまり関わりがない部署同士であれば、名前を知らない人もいるでしょう。
幹事も参加者全ての名前を覚える事は大変なので、名札を用意しておくといいでしょう。

名札を渡す際に、参加費を回収するなど、参加チェックリストの役割も果たしてくれます。
また音楽を用意していると、盛り上げに一役買ってくれます。
クイズ大会など、シンキングタイムの音やピンポンという正解音などイベントで使う音源がまとめられたCDがあるので活用してみて下さい。
せっかく忘年会、新年会の会場を屋形船にした訳ですから、テンションも上がりやすく盛り上げやすい環境です。
幹事は盛り上げるように、自分自身も楽しんで参加して下さい。

屋形船の移り変わり

屋形船の定義は、座敷を備え、屋根がついた船で収容人数が15~80人程度となっています。
その歴史は古く、平安時代の貴族の遊びが原型となっていて、江戸時代に河川整備がされた事もあり、最も栄えました。
当時も今と同じように、お花見やお月見、花火見物、宴会などの目的で利用されてきました。

ちなみに屋形船は別の呼び方で、「楼船」とも呼ばれていました。
楼とは楼閣という使われ方からも分かるように、遊女と遊ぶ場所という意味の言葉です。
屋形船は、宴会や商談の場所とし使用されていて、接待的な要因も含めて遊女を呼び給仕させる事もあったのでしょう。

もっとも現在の屋形船でも、オプションでお金を払えば、コンパニオンや芸者を屋形船に呼ぶ事は可能になっています。ちょっと開放的になって遊べる場としての役割は現在も残っていると言えます。

そんな屋形船ですが、第二次世界大戦後に、激減してしまいます。
その理由は、高度成長期に突入し、水質汚染が酷くなり、景観も汚れてしまったために屋形船の魅力が半減してしまったためです。

ですが屋形船は日本の伝統文化である事もあり、昭和の終わりごろ、バブル期をきっかめに、水質は改善され、景観も大観覧車や東京タワーなどライトアップする事で、見所が増えて、人気も復活しています。

現在は、日本に訪れる外国人観光客も増え、観光の一環として屋形船が利用されています。
屋形船自体も、船の伝統的な形の継承しながら、その一方で設備などは充実したものとなっています。
船の上でも、冷暖房は使用出来、水洗トイレやカラオケの設備まで整っています。

ただ水洗トイレに関しては、ある問題を抱えています。
それは制限地域以外では、屎尿の垂れ流しが可能になっている事です。
屎尿の垂れ流してしまう事で、水質汚染の原因となっています。

せっかく東京湾などは、昭和40年代ぐらいの公害の時期以降、水質改善に取り組み、魚が生息するぐらいに水質は改善してきました。
ですが再び屋形船が原因で、水質汚染になってしまったら悲しいですよね。
屋形船自体も、水質汚染が酷くなれば、商売は成り立たないはずです。

早く問題解決に向けて取り組んで欲しいと思います。

現在、屋形船に乗る事が出来る場所は、東京の隅田川が有名ですが、東京以外にも、全国各地で屋形船は営業しています。
提供するサービスは船宿(屋形船のサービスを提供する会社)によって異なりますが、ネットが普及した事で、公式サイトや比較サイト、予約総合サイトなど、情報収集がしやすい環境となっています。サービスを比較し、自分の利用目的に合う屋形船を探してみて下さい。

隅田川花火大会時の屋形船の独自ルール

東京の夏の風物詩・隅田川花火大会を今年は屋形船から鑑賞したい。
そんなふうに思っている人のために、隅田川花火大会における屋形船のルールについて知っておきましょう。

例えばあなたが以前、隅田川周遊コースの屋形船を利用した事があったとしましょう。
その時の屋形船が、料理やサービスが良かったので、隅田川花火大会の時にこの屋形船で予約をしたいと思うかもしれません。

しかしながら、普段は隅田川で屋形船のサービスを提供していても、
隅田川花火大会で屋形船のサービスを提供できるかどうかは別問題です。
なぜかというと、隅田川花火大会では、見物できる屋形船の数は制限されています。

隅田川花火大会では、安全性を考慮して指定水域と規制水域に分けられます。
規定水域以外では、船を停める事が出来ず、屋形船を停めるためには標旗と呼ばれるものを購入する必要があります。

そのため隅田川花火大会の日に、屋形船を予約する場合は、
ちゃんと標旗を購入して船を停める権利を持っている屋形船を選ぶ必用があります。

ちなみに指定区域は、第一会場、第二会場、特定会場の3つあり、
それぞれ屋形船の制限数は、70隻、70隻、21隻のたった161隻しかありません。

会場によって、ロケーションが異なるのはもちろん、開始時間や打ち上げ花火の数にも違いがあります。
第一会場と第二会場とでは、花火の数が第二会場の方が2倍も多く打ちあがります。
なので、隅田川花火大会の花火をたくさん見たい人は、第二会場がお勧めです。

第一会場は開始時間が早く、花火の数も少ない事で、比較的早い時間に終了します。
そのため小さい子供連れで、夜にあまり遅くならずに帰りたい人は第一会場がお勧めです。

ただし標旗を購入していない屋形船であっても、屋形船で停留する事は出来ませんが、
隅田川花火大会の規模が大きいので、東京湾岸エリアで周遊していても夜空に花火を見上げる事は可能となっています。

隅田川花火大会は、非常に混雑し、場所取りが大変なので、屋形船を利用したいと思う人も多いでしょう。
ですが陸上から見るよりも、屋形船から見る方が、よほど狭き門となる事を忘れないで下さい。
そのため、予約は3ヶ月前からスタートします。予約がすぐに埋まってしまう可能性も考慮して、予約開始直後に申込みを行いましょう。

また隅田川花火大会をより楽しむために、浴衣の着付けサービスやビアガーデンのサービスなどがある屋形船を選ぶのもいいですよね。
あと隅田川花火大会は、雨が降ると中止になってしまいます。ですが屋形船自体は多少の雨でも出航可能です。そのため納涼船に切り替えて差額分を返金する屋形船が多いようです。

ですが屋形船によって、キャンセル料や返金ルールは異なるので、予約時点で確認しておきましょう。