屋形船のメリットとデメリット

屋形船とは、私達の生活に置いて身近なモノではありません。
今までの人生で、1度も屋形船に乗った経験がないという人も多いでしょう。
では屋形船を利用する事で、得られるメリットとデメリットについて紹介します。

まずメリットは、「新鮮さ」です。
新鮮なデートや新鮮な忘年会、新鮮な合コンを行う事が出来るでしょう。
いつもと同じでは、マンネリ化してしまい、つまらないと思っている人に、屋形船を利用する事で新鮮さを得る事が出来ます。

また屋形船に乗る事は、「日本の伝統に触れる事」でもあります。
江戸時代の人達が、風情を求めて楽しんでいた行為を、現代の私たちも同じように体験する事が出来ます。
もちろん、全てが同じという訳ではありませんが、日本の伝統に触れて、日本という国を前よりも好きになれたらいいですよね。

外国人観光客にとっても、日本の伝統に触れる事が出来るのは、興味深い事です。
異文化を知る事が出来ますし、日本人への理解が深まり、コミュニケーションが円滑になるかもしれません。

後は単純に食事をしながら、お花見や花火、夜景などの美しい景色を楽しむ事が出来る事も屋形船の魅力だと言えるでしょう。
美味しいものを食べて、美しい景色を堪能できるなんて観光の醍醐味です。

後は新鮮さと類似しているかもしれませんが、インパクトや話題性があります。
インスタで屋形船を体験した画像をアップしたり、友達との会話の中でも、「この間、屋形船に乗って~」と話しのネタになったりします。

そして東京の屋形船に関して言えば、かなり利便性も高いサービスを提供している事もメリットだと言えます。
東京湾で利用出来る桟橋の数も多く、駅からのアクセスがいい桟橋も少なくありません。
アクセスが悪いところは、ちゃんと無料の送迎バスでカバーしています。

プラン内容も充実していて、屋形船=高貴な遊びで料金が高いと思われがちですが、高いところもあれば、リーズナブルな価格で利用できるところもあります。そのため気軽に非日常を楽しめるエンタメ要素の高い遊びだと言えます。

そんなメリットが多い屋形船ですが、デメリットについても把握しておきましょう。

屋形船のデメリットは、人気の高さです。
閑散期であれば、比較的予約は直前でも用意ですが、最も人気が高い隅田川花火大会に関しては、半年前から予約する必要があります。

また船酔いしやすい体質の人や体調不良の場合は、屋形船に乗ると気分が悪くなる可能性があります。意外と今までに船に乗った経験がなく、車酔いしないから船酔いも大丈夫だと思っているかもしれません。ですが屋形船に乗ってから、自分が船酔いしやすい体質だという事を自覚したらもう食事どころではありません。

周遊しているコースを途中で降りる事も出来ずに、ひたすら2時間近く我慢を強いられる可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA