屋形船の移り変わり

屋形船の定義は、座敷を備え、屋根がついた船で収容人数が15~80人程度となっています。
その歴史は古く、平安時代の貴族の遊びが原型となっていて、江戸時代に河川整備がされた事もあり、最も栄えました。
当時も今と同じように、お花見やお月見、花火見物、宴会などの目的で利用されてきました。

ちなみに屋形船は別の呼び方で、「楼船」とも呼ばれていました。
楼とは楼閣という使われ方からも分かるように、遊女と遊ぶ場所という意味の言葉です。
屋形船は、宴会や商談の場所とし使用されていて、接待的な要因も含めて遊女を呼び給仕させる事もあったのでしょう。

もっとも現在の屋形船でも、オプションでお金を払えば、コンパニオンや芸者を屋形船に呼ぶ事は可能になっています。ちょっと開放的になって遊べる場としての役割は現在も残っていると言えます。

そんな屋形船ですが、第二次世界大戦後に、激減してしまいます。
その理由は、高度成長期に突入し、水質汚染が酷くなり、景観も汚れてしまったために屋形船の魅力が半減してしまったためです。

ですが屋形船は日本の伝統文化である事もあり、昭和の終わりごろ、バブル期をきっかめに、水質は改善され、景観も大観覧車や東京タワーなどライトアップする事で、見所が増えて、人気も復活しています。

現在は、日本に訪れる外国人観光客も増え、観光の一環として屋形船が利用されています。
屋形船自体も、船の伝統的な形の継承しながら、その一方で設備などは充実したものとなっています。
船の上でも、冷暖房は使用出来、水洗トイレやカラオケの設備まで整っています。

ただ水洗トイレに関しては、ある問題を抱えています。
それは制限地域以外では、屎尿の垂れ流しが可能になっている事です。
屎尿の垂れ流してしまう事で、水質汚染の原因となっています。

せっかく東京湾などは、昭和40年代ぐらいの公害の時期以降、水質改善に取り組み、魚が生息するぐらいに水質は改善してきました。
ですが再び屋形船が原因で、水質汚染になってしまったら悲しいですよね。
屋形船自体も、水質汚染が酷くなれば、商売は成り立たないはずです。

早く問題解決に向けて取り組んで欲しいと思います。

現在、屋形船に乗る事が出来る場所は、東京の隅田川が有名ですが、東京以外にも、全国各地で屋形船は営業しています。
提供するサービスは船宿(屋形船のサービスを提供する会社)によって異なりますが、ネットが普及した事で、公式サイトや比較サイト、予約総合サイトなど、情報収集がしやすい環境となっています。サービスを比較し、自分の利用目的に合う屋形船を探してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA